スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オオヤマフスマ(大山衾)
2006 / 06 / 30 ( Fri )
甘利山に来る人のほとんどはレンゲツツジがお目当てでしょうから。
でも踏みつけないで欲しかった。(;_:)

草丈5~20?、花の大きさ1?ほどで目立たない。
かたまって咲いている白い花を見つけてやっと写真を写す気になったのだが。


オオヤマフスマ(大山衾) ナデシコ科
20060630112949.jpg


20060630113028.jpg


20060630113113.jpg


20060630113151.jpg

スポンサーサイト
山野草 | page top↑
ウマノアシガタ(馬の脚形)
2006 / 06 / 29 ( Thu )
甘利山のあちらこちらに咲いていた。
葉の形が馬の蹄(ひづめ)に似ているというのだが
どこが似ているのやら。


ウマノアシガタ(馬の脚形) キンポウゲ科
20060629171049.jpg


20060629171140.jpg


20060629171213.jpg

野草 | page top↑
ツマトリソウ(褄取草)
2006 / 06 / 28 ( Wed )
甘利山の林の縁に生えていました。
草丈5~25cm、花の大きさは1?ほど。
茎は直立していた。小さな可憐な花です。


ツマトリソウ(褄取草) サクラソウ科
20060628220804.jpg


20060628220837.jpg


20060628220911.jpg

山野草 | page top↑
カモガヤ(鴨茅)
2006 / 06 / 27 ( Tue )
ヨーロッパから明治初期に導入された帰化植物。
カモガヤは、優秀な牧草であるが、花粉症の原因植物らしい。
何とも厄介な植物です。


カモガヤ(鴨茅) イネ科
20060627220116.jpg


20060627220157.jpg


20060627220310.jpg

雑草 | page top↑
ミミナグサ(耳菜草)
2006 / 06 / 27 ( Tue )
里山の道端で見つけました。
名前の由来は、葉がネズミの耳に似ているというので付いた名前。

ミミナグサは,茎の色が暗紫色のようです。
小花柄が萼片より長いことで見分けることができます。


ミミナグサ(耳菜草) ナデシコ科
20060627215122.jpg


20060627215215.jpg

野草 | page top↑
ヒレハリソウ(鰭玻璃草) 
2006 / 06 / 26 ( Mon )
道端や空き地に生えていました。

明治時代に牧草や薬草として帰化。
一時期コンフリーという名で、青汁などにもてはやされたそうですが、
今では栽培されずに野生化しているそうです。


ヒレハリソウ(鰭玻璃草) ムラサキ科
20060626211158.jpg


20060626211237.jpg



おまけです。赤い実がついていました。
コウゾ(楮) クワ科 別名:ヒメコウゾ
20060626211841.jpg


20060626211939.jpg

野草 | page top↑
ヤブジラミ(藪虱)
2006 / 06 / 25 ( Sun )
水田付近の空き地に生えていた。
放射状にまとまってつく小さな花。
名前の由来は、やぶに生え、果実が衣類に
シラミのようにつくことから。
因みに花言葉は、逃がさない。(@_@;)

葉は長さ5~10cmの羽状複葉で、細かい切れ込みが入っています。
短毛が密生しているようですが確認していないです。
花弁は5枚。果実はやや長めの卵形で緑色をしている。


ヤブジラミ(藪虱) セリ科
20060625175249.jpg


20060625175329.jpg


20060625175408.jpg



20060625175535.jpg

野草 | page top↑
甘利山のレンゲツツジ
2006 / 06 / 24 ( Sat )
以前から登ってみたかった甘利山。
案内板に従って山道を駆け上がる。急で狭いが舗装されていた。
頂上近くに駐車場があった。
ここから10分ほど登ると甘利山山頂(1731m)だ。

山頂一帯がレンゲツツジの群生地。
見頃は、6月20日前後との情報を得て、ずばり20日に来て良かった!!
若葉の緑とレンゲツツジの赤、山の花園でした。


雲に隠れた富士山の姿も!
20060624122319.jpg


20060624122408.jpg

ヤマドリゼンマイ(ゼンマイ科)の新緑も綺麗です。
20060624122457.jpg


20060624123325.jpg

千頭星山を前方に見る
20060624123448.jpg

櫛形山を見る
20060624123647.jpg


20060624123725.jpg


20060624123805.jpg

未分類 | page top↑
ナワシロイチゴ(苗代苺)
2006 / 06 / 23 ( Fri )
このナワシロイチゴもバライチゴの近くに沢山生っていました。
ピンクの花が可憐です。

落葉低木、棘があります。


ナワシロイチゴ(苗代苺) バラ科
20060623230835.jpg


20060623230921.jpg

マドガが蜜を吸ってるよ。
20060623231003.jpg

ハナアブかな~
20060623231104.jpg

未分類 | page top↑
モミジイチゴ(紅葉苺)
2006 / 06 / 23 ( Fri )
モミジイチゴもバライチゴと同じ場所にあちらこちらに
苺が生っていました。

葉の形がモミジに似ているというので、モミジイチゴ(紅葉苺)という名があるそうです。
別名のキイチゴ(黄苺)は、実が黄色なので、こう呼ばれるそうです。


モミジイチゴ(紅葉苺) バラ科
20060623222851.jpg


20060623222932.jpg


20060623223024.jpg

未分類 | page top↑
バライチゴ(薔薇苺)
2006 / 06 / 23 ( Fri )
里山で見つけました。
白い花が目に留まりました。
バライチゴのようです。
葉がほかの木イチゴに比べて細長く、奇数羽状複葉になっているのが特徴です。
写真を撮り忘れてしまった。アァア~~(ーー;)
全体に小さなトゲがあって、ひっかいてしまう。


バライチゴ(薔薇苺) バラ科キイチゴ属
別名:ミヤマイチゴ(深山苺)
20060623113901.jpg


20060623114015.jpg

野草 | page top↑
スイカズラ(吸葛)
2006 / 06 / 22 ( Thu )
花の色が白色から次第に黄色になるのでキンギンカ(金銀花)
という別名があります。

つる性で花の筒の奥に蜜があり、これを吸って蜜を舐める
というのが名前の由来です。


スイカズラ(吸葛) スイカズラ科
20060622200626.jpg


20060622200701.jpg


20060622200733.jpg


20060622200811.jpg

夢中で蜜を吸っていました。気配を感じないのかしらと思うくらい・・・
クロアゲハでしょうか。
20060622201018.jpg

花木 | page top↑
ノイバラと昆虫
2006 / 06 / 22 ( Thu )
ノイバラの甘い香りに誘われて虫さんたちが・・・

モモブトカミキリモドキでしょうか。
20060622000042.jpg

アシブトハナアブ♂でしょうか。
20060622000303.jpg

この虫くんの名は・・・?
20060622000439.jpg

この虫くんも?
20060622000712.jpg

マドガ、1?ほどのガです。
20060622000955.jpg

未分類 | page top↑
ノイバラ(野薔薇)
2006 / 06 / 19 ( Mon )
山野に自生する落葉低木です。
香りも良いです。


ノイバラ(野薔薇) バラ科
20060619222338.jpg


20060619222418.jpg


20060619222457.jpg


20060619222540.jpg


20060619222618.jpg

未分類 | page top↑
ヤマオダマキ(山苧環)
2006 / 06 / 18 ( Sun )
里山に生えていたヤマオダマキです!
自生していたヤマオダマキを初めて見ました。
人知れず咲いているものですね。


ヤマオダマキ(山苧環) キンポウゲ科
20060618210858.jpg


20060618210934.jpg


20060618211010.jpg


20060618211049.jpg


20060618211134.jpg

コンデジ撮影です
20060618211225.jpg

山野草 | page top↑
ウツギ(空木)
2006 / 06 / 17 ( Sat )
♪うの花の匂う垣根に・・・の歌詞にある花のことである。
前出のヒメウツギとよく似ています。


ウツギ(空木) ユキノシタ科
20060617102154.jpg


20060617102227.jpg


20060617102300.jpg

花木 | page top↑
ニシキウツギ(二色空木)
2006 / 06 / 16 ( Fri )
この二色空木も長者ヶ岳にあります。
花の色が白から赤に変化するなどハコネウツギに似ていますが
長者ヶ岳で撮影したので間違いなく二色空木でしょう。


ニシキウツギ(二色空木) スイカズラ科
20060616232140.jpg


20060616232221.jpg


20060616232256.jpg


20060616232336.jpg



おまけです。帰途、朝霧辺りの道路沿いに桐の花を発見!
逆光ですけど・・・
20060616232657.jpg

花木 | page top↑
ヤブウツギ(藪空木)
2006 / 06 / 16 ( Fri )
長者ヶ岳で赤紫色の花をつけるヤブウツギを見つけた。
この花木もタニウツギと迷いましたが。


ヤブウツギ(藪空木) スイカズラ科
20060616231132.jpg


20060616231211.jpg


20060616231307.jpg

花木 | page top↑
ヒメウツギ(姫空木)
2006 / 06 / 16 ( Fri )
長者ヶ岳に咲いていたヒメウツギです。
ウツギと迷ったのですが、どうでしょうか。
間違っていましたら遠慮なく指摘してください。


ヒメウツギ(姫空木) ユキノシタ科
20060616225608.jpg


20060616225645.jpg


20060616225724.jpg

花木 | page top↑
ツリバナ(吊花)
2006 / 06 / 15 ( Thu )
山に自生していたツリバナの花。
すごく可愛いの~♪
花は、5~8mmと小さく色も目立たないので見過ごしてしまいそう。



ツリバナ(吊花) ニシキギ科
20060615231357.jpg


20060615231742.jpg

花木 | page top↑
オトコヨウゾメ
2006 / 06 / 15 ( Thu )
長者ヶ岳で自生していたオトコヨウゾメです。
(今までの野草も長者ヶ岳で自生していたものですが。)
可愛らしい花を付けていた。
当然のことながら名前は分らず調べてみると

日当たりの良い山地や、丘陵地などに自生する落葉低木とのこと。
オトコヨウゾメという不思議な名前でした。
果実は9~10月頃に熟し、その赤い実が垂れ下がる様は優雅だそうです。
また見に来なくては・・・


オトコヨウゾメ スイカズラ科
20060615111440.jpg


20060615111526.jpg


20060615111604.jpg


20060615111640.jpg


20060615111714.jpg

花木 | page top↑
フタリシズカ(二人静)
2006 / 06 / 14 ( Wed )
山地の林の中に生える多年草。
茎の頂端から1~2(5)本の花序を出す。
花序は2本のことが多いので、フタリシズカとの優雅な名前があるようです。
花は白いようだが、これは蕾だろうか。


フタリシズカ(二人静) センリョウ科
20060614162144.jpg


20060614162221.jpg


20060614162301.jpg





おまけです。
ホソバテンナンショウ(細葉天南星) サトイモ科
20060614163004.jpg

山野草 | page top↑
マイヅルソウ(舞鶴草)
2006 / 06 / 14 ( Wed )
山地の林の中に生える多年草。
線香花火のような花とハート形の葉。

名前の由来は、2枚の葉を翼を広げた鶴が舞っている様に
見えることからだそうです。
名前がいいので得しているような・・・


マイヅルソウ(舞鶴草) ユリ科
20060614070100.jpg


20060614070138.jpg


20060614070224.jpg


おまけの写真です。この葉っぱはオオバギボウシ・・??
20060614070408.jpg

山野草 | page top↑
ツクバネソウ(衝羽根草)
2006 / 06 / 13 ( Tue )
深山の林の中の木陰に生える多年草。
茎は直立して高さ15~40cm、葉は4枚が輪生して3本の主脈が目立つ。
名前の由来は、葉が羽根つきの羽根に似ていることから。
ユリ科の植物とは思えない姿です。

花の構造は
下へ垂れた(反り返っている)緑色の幅広のものは萼片で花弁はない。
雄しべは8本です。
4本の赤い紐のようなものは雌しべの柱頭です。


ツクバネソウ(衝羽根草) ユリ科
20060613210348.jpg


20060613210437.jpg


20060613210521.jpg

山野草 | page top↑
チゴユリ(稚児百合)
2006 / 06 / 13 ( Tue )
山地の林の中でチゴユリを見つけました。
もう見頃は過ぎているようでした。
小さな可愛らしい花を稚児(子供)に例えた名前。


チゴユリ(稚児百合) ユリ科
20060613193239.jpg


20060613193319.jpg

山野草 | page top↑
タチガシワ(立柏)
2006 / 06 / 12 ( Mon )
山地の木陰に生える多年草。
柏のように大きな葉で直立しているところから付けられた名前。
葉は対生し、茎頂部に暗紫色の花が集まって咲く。


タチガシワ(立柏) ガガイモ科
20060612151528.jpg

シックな花色。
20060612151619.jpg


20060612151716.jpg

山野草 | page top↑
ユキザサ(雪笹)
2006 / 06 / 11 ( Sun )
山地の林の中に生えていました。
白い花を雪に葉を笹に例えて名ずけられたとのこと。


ユキザサ(雪笹) ユリ科
20060611130726.jpg


20060611130805.jpg

銀竜草と一緒!
20060611130846.jpg


20060611131017.jpg


20060611131116.jpg


20060611131156.jpg

山野草 | page top↑
ホウチャクソウ(宝鐸草)
2006 / 06 / 10 ( Sat )
山の林の中に自生していたホウチャクソウです。
宝鐸とは、寺院やお寺の軒に下がっている小さな鐘のこと。
花の形をホウチャクに見立ててこの名があります。

宝鐸草は、茎先端に1~2個花をつける。


ホウチャクソウ(宝鐸草) ユリ科
20060610170818.jpg


20060610170849.jpg


20060610170926.jpg


20060610171003.jpg


20060610171040.jpg

山野草 | page top↑
ヤマトグサ(大和草)
2006 / 06 / 09 ( Fri )
銀竜草を夢中で撮っているときに見つけました。
ひょろっとした細い茎に小さな目立たない花をつけています。
「何だろう?」 知らない野草ばかりです。
植物図鑑には載っていないので最後の手段は画像掲示板に投稿しました。
ヤマトグサ(大和草)でした。
初めて見聞する名前でした。

それは日本特産種で、明治の中頃、牧野富太郎が日本人として初めて学名をつけた由緒ある植物だそうです。

雌雄同株。
花は淡黄緑色で花径5mmくらいの風媒花であるから虫を呼ぶための工夫がなく、花には花びらがない。
雌花は非常に小さいそうですが、確認できませんでした。

山地の木陰にひっそりと咲いていました。


ヤマトグサ(大和草) ヤマトグサ科
20060609210941.jpg

トリミングしてみました。
白く垂れ下がっているのは雄しべの葯。
くるっと反り返っているのは雄花の萼片。
不思議な世界です。
20060609211052.jpg

ピントが合っていない葉っぱがヤマトグサの葉です。
もっとしっかり撮ればよかった。(@_@;)
20060609211309.jpg

山野草 | page top↑
ギンリョウソウ(銀竜草)
2006 / 06 / 07 ( Wed )
暗い山林の腐った木や枝葉、落ち葉などに腐生します。
ギンリョウソウは、葉緑素を持たない腐生植物です。
腐生植物とは、他の生物の死体や排泄物などを
栄養源として生活する植物のことです。
名前の由来は、花の形を竜に見立て、葉緑素を持たず根以外は
純白色で半透明なところからつけられたそうな。
別名ユウレイソウ、ユウレイタケ。

長者ヶ岳~天子ヶ岳から。

ギンリョウソウ(銀竜草) イチヤクソウ科
20060607163808.jpg


20060607163853.jpg


20060607163925.jpg

花をちょっと上げてみたら・・
20060607164000.jpg


20060607164141.jpg


コンデジ撮影です!
どうでしょう。
20060607164255.jpg


20060607164329.jpg


20060607164402.jpg

山野草 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。