スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
2006 / 06 / 06 ( Tue )
庭の柏葉紫陽花が咲き誇っています。
今年は咲いてくれたので嬉しい!
花芽まで剪定してはいけないと言う事が分りました。(@_@;)

葉は切れ込みがあり、柏の葉に似ているのでこの名があります。
一般の紫陽花にはない魅力を持っています。


カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) ユキノシタ科
20060606122456.jpg


20060606122532.jpg


20060606122610.jpg


20060606122654.jpg


20060606122753.jpg


20060606122822.jpg

庭の花 | page top↑
ミヤコグサ(都草)
2006 / 06 / 05 ( Mon )
富士川河川敷で見つけたミヤコグサ。
鮮やかな黄色が目に付く。


ミヤコグサ(都草) マメ科
20060605111812.jpg


20060605111842.jpg

野草 | page top↑
アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)
2006 / 06 / 05 ( Mon )
道端などに見られるアカバナユウゲショウ。
夕化粧とは何とも色っぽい。
アメリカ原産の帰化植物。
観賞用に栽培されていたものが野性化したものといわれる。


アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧) アカバナ科
20060605110940.jpg


20060605111011.jpg

野の花 | page top↑
ツメクサ(爪草)
2006 / 06 / 04 ( Sun )
道端などでよく目にする雑草のツメクサ。
地面に張り付いた小さな姿をみることが多い。
ツメクサの名前の由来は、葉の形が鳥の爪のような形をしているからであるそうだ。


ツメクサ(爪草) ナデシコ科
20060604223614.jpg


20060604223648.jpg

雑草 | page top↑
アカツメクサ(赤詰め草)
2006 / 06 / 04 ( Sun )
道端や荒れ地で見つけたアカツメクサです。
シロツメクサ(クローバー)に似ていますが、葉は大分違います。
牧草として栽培されていたものが野生化したようです。
ヨーロッパ原産の帰化植物。


アカツメクサ(赤詰め草) マメ科
20060604220728.jpg


20060604220807.jpg

野の花 | page top↑
コモチマンネングサ(子持万年草)
2006 / 06 / 04 ( Sun )
道端や土手などに生えています。
葉のわきにムカゴをつけるので子持ちというそうです。


コモチマンネングサ(子持万年草) ベンケイソウ科
20060604214534.jpg


20060604214619.jpg

4月7日撮影
20060604214922.jpg

追加撮影写真です。(6月5日撮影)
20060605235358.jpg


20060605235433.jpg

雑草 | page top↑
グンバイナズナ(軍配薺)
2006 / 06 / 03 ( Sat )
富士川河川敷で見つけたグンバイナズナです!


グンバイナズナ(軍配薺) アブラナ科
20060603214329.jpg


20060603214435.jpg

雑草 | page top↑
ニワゼキショウ(庭石菖)
2006 / 06 / 03 ( Sat )
道端に咲いていた庭石菖です。
もう見頃は過ぎているようです。


ニワゼキショウ(庭石菖) アヤメ科
20060603084333.jpg


20060603084403.jpg


20060603084449.jpg



おまけです。  一輪だけ富士川土手に咲いていました。 
ツユクサ(露草) ツユクサ科
20060603084739.jpg

野の花 | page top↑
ドクダミ(毒痛み)
2006 / 06 / 02 ( Fri )
庭のドクダミがあちらこちらに花を付けてきた。
あまり歓迎されないが、解毒や痛み止めの薬と聞くと
草取りするのも躊躇する。
独特の臭いがするから。


ドクダミ(毒痛み) ドクダミ科
20060602190210.jpg


20060602190300.jpg


20060602190338.jpg



おまけです。ヘビイチゴの実です♪
ヘビイチゴ(蛇苺) バラ科
20060602190529.jpg


20060602190605.jpg

雑草 | page top↑
オッタチカタバミ
2006 / 06 / 02 ( Fri )
私は、はじめカタバミと思っていた。
ひょんな事からオッタチカタバミと知った。
和名の由来はカタバミが這うのに比べ、地面を這う茎が立ち上がる事によっているから。
この地上茎が立ち上がることがカタバミとの最も簡単な見分け方のようです。
オッタチカタバミは北米原産の帰化植物。


オッタチカタバミ カタバミ科
20060602170927.jpg


20060602171008.jpg


20060602171045.jpg

雑草 | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。