スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
カタクリ(片栗) キバナカタクリ(黄花片栗)
2006 / 04 / 11 ( Tue )
箱根湿生花園からです。

カタクリが咲いていました。
一部群生していましたが、ロープの奥なので撮りにくかった。


カタクリ(片栗) ユリ科
20060411135333.jpg


20060411135455.jpg


20060411135525.jpg


20060411135610.jpg




キバナカタクリ(黄花片栗) ユリ科
アメリカ・カナダの山地に自生しているそうです。
日本には園芸用として入ってきたようです。
カタクリのイメージにはいまひとつ。
20060411135948.jpg


20060411140027.jpg


20060411140111.jpg


特別枠で。和名:カタクリモドキ
ドデカテオン・ミーディア サクラソウ科
20060411140351.jpg

山野草 | page top↑
イワウチワ(岩団扇)
2006 / 04 / 10 ( Mon )
箱根湿生花園からです。

イワウチワ!
花弁は5枚、先がギザギザに裂けています。
まるでレースのようです。
名前の由来は、葉が団扇に似ていることから。


イワウチワ(岩団扇) イワウメ科
20060410160236.jpg


20060410160316.jpg


20060410160358.jpg

ショウジョウバカマと並んで~♪
20060410160447.jpg

山野草 | page top↑
ミズバショウ(水芭蕉)
2006 / 04 / 09 ( Sun )
箱根湿生花園のミズバショウです。
今が見頃のようです。

白いのは花ではなく仏炎苞(ぶつえんほう)で花は中心部の黄色いところです。

ミズバショウ(水芭蕉) サトイモ科
20060409213609.jpg


20060409213705.jpg


20060409213747.jpg


20060409213828.jpg


20060409213911.jpg


20060409213950.jpg

野草 | page top↑
桜と冨士
2006 / 04 / 08 ( Sat )
富士宮市の大石寺の桜です。
天気にも恵まれて絶好の撮影日和でした。
初めて見て来ました。
行ってみるものですね。(^^)v
2006/04/03撮影


「大石寺の桜」ホームページにUpしましたので
よろしかったら見てくださいね。

20060408123350.jpg


20060408123421.jpg


20060408123451.jpg


20060408123522.jpg


20060408123601.jpg


おまけです♪
帰り際朝霧高原の牧場に牛くんたちが!
20060408123823.jpg


20060408123915.jpg

桜と冨士 | page top↑
ニリンソウ(二輪草)
2006 / 04 / 07 ( Fri )
ニリンソウを見つけました。
2つの花をつけることが多いことに名前の由来があるそうですが、
多い場合も1つの場合もあるとのこと。

ニリンソウ(二輪草) キンポウゲ科
20060407212544.jpg


20060407212637.jpg


20060407212717.jpg


20060407212817.jpg


20060407212850.jpg


20060407212927.jpg

野草 | page top↑
セントウソウ(仙洞草)
2006 / 04 / 06 ( Thu )
日の当たらない林で見つけました。
ニンジンのような葉に小さな花をつけるセリ科の植物です。


セントウソウ(仙洞草) セリ科
20060406211754.jpg


20060406211833.jpg


20060406211914.jpg


20060406211959.jpg

野草 | page top↑
カテンソウ(花点草)
2006 / 04 / 05 ( Wed )
名前の分からない野草が判明しました。
カテンソウです!
お寺の本堂裏の林の下で見つけました
小さな目立たない花をつけます。
扇状卵形の小さな葉が互生する。
雌雄同株または異株。
雄花は上方の葉の葉柄の脇につき、雌花は葉腋にかたまって咲くそうです。
別名:ヒシバカキドオシ(菱葉籬通)


カテンソウ(花点草) イラクサ科
蕾です
20060405214522.jpg


20060405214617.jpg

雄花のようです
20060405214811.jpg


20060405214850.jpg


20060405214928.jpg

野草 | page top↑
ミヤマカタバミ(深山片喰)
2006 / 04 / 04 ( Tue )
ミヤマカタバミだと思うのですが、自信がありません。
間違っていたら遠慮なくご指摘くださいね。


ミヤマカタバミ(深山片喰) カタバミ科
ミヤマカタバミは、ハート形の小葉を3枚つける。
葉の表面にはほとんど毛がないが縁には毛がある。
裏面には毛が多い。
夕方には葉を閉じて眠ってしまう。
20060404210501.jpg


20060404210532.jpg

晴天であっても日光が当たっていないと開かず、夕方には花を閉じてしまう。
花の中心部には根元から5つにわかれた雌しべの花柱があり、
周辺には10本の白い雄しべがある。
20060404211031.jpg


20060404211110.jpg


20060404211152.jpg

野草 | page top↑
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)
2006 / 04 / 03 ( Mon )
ジロボウエンゴサクを見つけました。
ジロボウ(次郎坊)という面白い名前はスミレの方言という説や
スミレを太郎坊と言い、これを次郎坊と呼ぶ地方があるなどの説がある。
名前の由来は面白いです。


ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索) ケシ科
20060403211122.jpg


20060403211157.jpg


20060403211232.jpg


20060403211321.jpg

これから色がつくのかな?
20060403211351.jpg

ピンボケだけど私のお気に入り!
20060403211424.jpg

野草 | page top↑
ノウルシ(野漆)
2006 / 04 / 02 ( Sun )
富士市にこんな素敵な所があったのかと思いました。
アマチュアカメラマンに教えて頂いた場所です。
浮島からの撮影です。

この浮島にノウルシが群生していました。
傷をつけると乳液が出てそれが肌につくとウルシと同じように
かぶれることからこの名がある。
湿地などに群生します。
有毒植物であり、絶滅危惧?類でもあります。


ノウルシ(野漆) トウダイグサ科
20060402101422.jpg

黄色く花びらのように見えるのは総苞葉ですって。
20060402101644.jpg


20060402101718.jpg

野草 | page top↑
デジカメ散歩
2006 / 04 / 01 ( Sat )
近所の庭から。
ムラサキハナナ(紫花菜)です。あえてムラサキハナナと言いたいな。
薄紫色の花の形が大根の花に似ていることから来た名前です。

別名、ショカッサイ(諸葛采)は、中国の呼び名とのことです。
   ハナダイコン(花大根)
   オオアラセイトウの「アラセイトウ」とはストックのことです。


ムラサキハナナ(紫花菜) アブラナ科
20060401203434.jpg


20060401203547.jpg




ベニコブシ(紅辛夷) モクレン科
コブシの仲間ですが、花びらがより細長く大きく開くようです。
花びらがピンクのものをベニコブシと呼ばれます。
20060401204409.jpg


20060401204458.jpg


20060401204531.jpg

未分類 | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。