スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
富士山
2005 / 11 / 30 ( Wed )
富士山こどもの国からの富士山を撮ってきました。
紅富士にはほど遠いですが・・・。
いつも富士山を見ている私でも「大きい~じゃん」と感動!

富士山こどもの国から
石像の「ろっくん」が迎えてくれます。 16時18分撮影
20051130231634.jpg

富士山をアップで・・
20051130231836.jpg

16時25分撮影
20051130231952.jpg

駐車場から 16時30分撮影
20051130232149.jpg

こどもセンターに夕日が!
20051130232415.jpg

16時32分撮影
20051130232524.jpg

スポンサーサイト
富士山 | page top↑
フユイチゴ(冬苺)
2005 / 11 / 29 ( Tue )
このフユイチゴもツルリンドウと同じ場所で撮りました。
フユイチゴって毛が出ているわよ!
毛じゃあないのかなぁ・・・
食べられるそうですよ~
フユイチゴ(冬苺) バラ科
20051129204105.jpg

20051129204144.jpg


9月14日撮影
20051129204300.jpg

木の実 草の実 | page top↑
ツルリンドウ(蔓竜胆)
2005 / 11 / 28 ( Mon )
ツルリンドウの再登場です!
9月に花を撮って以来、実が付いたかなぁと思い見てきました。
可愛い実が生っていたよ~

ツルリンドウ(蔓竜胆) リンドウ科
20051128213604.jpg


20051128213656.jpg


9月14日撮影
20051128213853.jpg

木の実 草の実 | page top↑
デジカメ散歩
2005 / 11 / 26 ( Sat )
デジカメ散歩から。
ローズマリーとツルバキア・フラグランスです。

ローズマリーは、良い香りがあり代表的なハーブです。
シソ科にしては、松葉のような葉っぱですね。
私だけかな・・・?
ローズマリー シソ科
20051126101818.jpg

20051126101914.jpg


ツルバキア・フラグランスは、荒れ地花壇と言いますか(放置花壇と言いますか)に咲いていました。
なのに健気に咲いています。
甘くて爽やかな香りがあります。
ツルバキア・フラグランス ユリ科
20051126102805.jpg

20051126102845.jpg

未分類 | page top↑
米の宮公園
2005 / 11 / 25 ( Fri )
米の宮公園から

花壇にツワブキが咲いていました。
うちのより綺麗だわ。
ツワブキ キク科
 20051125161410.jpg

20051125161444.jpg

生垣として植栽されていました。ハナツクバネウツギです。
ハナツクバネウツギ(花衝羽空木) スイカズラ科
20051125161707.jpg

20051125161758.jpg

ヤツデも! 地味な花です。
ヤツデ(八手) ウコギ科
20051125162012.jpg

20051125162059.jpg

未分類 | page top↑
富士山
2005 / 11 / 24 ( Thu )
昨日、富士五湖の河口湖、西湖、精進湖からの富士山を撮ってきました。
帰途、上九一色村富士ヶ嶺からの富士山も撮ってみました。
曇りがちでくっきりとした富士山ではなかったのですが・・・。
晩秋の富士山を見てください。

河口湖から 14時33分撮影
20051124120258.jpg
 
河口湖から 14時38分撮影  
20051124120340.jpg

西湖から 15時04分撮影
20051124120549.jpg

西湖から 15時13分撮影  
20051124120640.jpg

西湖から 15時17分撮影  
20051124120738.jpg

精進湖から
富士山と手前の大室山を抱いた「子抱き富士」と言います。
15時34分撮影
20051124120959.jpg

精進湖から 15時40分撮影  
20051124121040.jpg

精進湖から 16時20分撮影  
20051124121124.jpg

山梨県上九一色村富士ヶ嶺から 16時45分撮影  
20051124121343.jpg

富士山 | page top↑
木の実
2005 / 11 / 23 ( Wed )
デジカメ散歩から。
モッコクとウメモドキの実です。

モッコク(木斛)の実  ツバキ科
20051123102301.jpg

20051123102334.jpg


ウメモドキ(梅モドキ)の実  モチノキ科
20051123102509.jpg

ウメモドキの花 5月28日撮影
20051123102642.jpg

木の実 草の実 | page top↑
木の実 草の実
2005 / 11 / 22 ( Tue )
米の宮神社の木の実、草の実です。

クロガネモチ(黒鉄黐)の実 モチノキ科
20051122105329.jpg

ハナミズキ(花水木)の実  ミズキ科
20051122105446.jpg

雅陽さんのお蔭でクスノキと判明できました。
ありがとうございました♪
クスノキの実 クスノキ科
20051122105611.jpg


ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の実  ヤマゴボウ科
20051122105742.jpg

20051122105824.jpg

木の実 草の実 | page top↑
紅葉と黄葉
2005 / 11 / 21 ( Mon )
米の宮神社の木々の紅葉です。
サクラ、モミジ、カツラの紅葉です。

サクラ(桜) バラ科
20051121102137.jpg

イロハモミジ カエデ科
プロペラのような果実です。赤くて可愛らしい!
20051121103215.jpg

カツラ(桂) カツラ科
黄葉です。私のお気に入りです♪
20051121103911.jpg

未分類 | page top↑
草紅葉
2005 / 11 / 20 ( Sun )
小さな秋、見~つけた!
シロバナサクラタデのほのかな紅葉、コミカンソウの紅葉
オオニシキソウの紅葉と真っ赤なヘビイチゴを・・

シロバナサクラタデ(白花桜蓼) タデ科
20051120204632.jpg

コミカンソウの紅葉です。コミカンのようです。
コミカンソウ(小蜜柑草) トウダイグサ科
20051120204905.jpg

オオニシキソウの実と紅葉です。
オオニシキソウ(大錦草) トウダイグサ科
20051120205334.jpg

真っ赤なヘビイチゴ、可愛いね。
ヘビイチゴ(蛇苺) バラ科
20051120205527.jpg

野の花 | page top↑
ヘクソカズラ(屁糞葛)
2005 / 11 / 19 ( Sat )
空き地や道端に咲いていたあのヘクソカズラの実です。
実を潰してみたのだけれど嫌な臭いはしなかった。
雑草まで灰汁がなくなってきたのだろうか。

ヘクソカズラ(屁糞葛) アカネ科
20051119191126.jpg

花です。 8月24日撮影
20051119191307.jpg

雑草 | page top↑
ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)
2005 / 11 / 19 ( Sat )
空き地や道路脇に自生していた。
丈夫で花期が長いとか。

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) タデ科
紅葉しています。
20051119101218.jpg


20051119101328.jpg

野の花 | page top↑
カルガモ
2005 / 11 / 18 ( Fri )
富士早川土手にカルガモが佇んでいました。
草を食べてるようでしたが・・・
3メートルくらい離れている所から撮ってみました。


20051118175007.jpg


後ろを向いてしまったけど・・
20051118175108.jpg


またこちらに振り向いてくれましたが、どこを見つめているの?
20051118175252.jpg

京花さんからカルガモと教えて頂きました。ありがとうございました。
訂正してお詫びいたします。
生きものたち | page top↑
コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)
2005 / 11 / 18 ( Fri )
道端や空き地、土手などどこでも見られるコシロノセンダングサ。
コセンダングサの変種だそうな。
白色の舌状花を持ちます。
別名:シロバナセンダングサ(白花栴檀草)

コシロノセンダングサ(小白の栴檀草) キク科
20051118143643.jpg


20051118143713.jpg


20051118143758.jpg


20051118143828.jpg


20051118143911.jpg


ウインターコスモスは、コスモスの仲間ではなくセンダングサの仲間とか。
20051118144104.jpg

野の花 | page top↑
ミゾソバ(溝蕎麦)
2005 / 11 / 17 ( Thu )
富士早川の岸辺に群生していた。
よく見ると茎や葉には棘がある。
別名ウシノヒタイは、葉の形が牛の額に似ているからという。

ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科
20051117164200.jpg


20051117164232.jpg


20051117164306.jpg

ハチさん、蜜を吸っているよ~
20051117164527.jpg

棘が見えるでしょ
20051117164614.jpg

野の花 | page top↑
きょうの富士山
2005 / 11 / 16 ( Wed )
きょう一日の富士山を撮ってみました。
晴れている割には富士山はイマイチです。

富士川河口から 10時20分撮影
20051116204052.jpg


これも逆さ富士かな? 10時35分撮影
20051116204218.jpg


富士川の河原に桜海老の天日干しをしていました。
秋エビは色が薄いのでちょっと色ずけしているそうです。
こちらの桜海老は瀬戸内産で2cmほどで小さくてお好み焼きなどに使われるとか。
11時15分撮影
20051116204846.jpg


この桜海老は地元由比産。この桜海老もほんのり色ずけされているそうです。
春と秋の風物詩ですね。初めて撮影しました! 11時30分撮影
20051116205317.jpg


市内米の宮公園から 14時30分撮影
20051116205455.jpg


夕暮れ・・ きょう一日の富士山物語おしまいです。 16時20分撮影
20051116205724.jpg

最後までご覧下さりありがとうございました。
富士山 | page top↑
ネズ
2005 / 11 / 15 ( Tue )
里山からです。
ネズと言うよりも杜松(トショウ)と言った方が馴染みがあります。
私の場合ですが。
別名ネズミサシ(鼠刺し)です。
葉が針状にとがっているので鼠も刺せるということが名前の由来とか。
球果は翌年または翌々年の10月頃に黒紫色に熟すそうです。

ネズ ヒノキ科
20051115115057.jpg


20051115115143.jpg


20051115115234.jpg


アカトンボが・・・
20051115115332.jpg

木の実 草の実 | page top↑
サルトリイバラ(猿捕茨)
2005 / 11 / 14 ( Mon )
里山で見つけたサルトリイバラの実です。
サルトリイバラは、落葉蔓性の木で葉は光沢があります。
サルトリイバラの実は8mmほど、夏は緑色で秋には赤く色づきはじめます。
4-5月頃に透明感のある黄緑色の花をつけます。
この花を見てみたいなぁ~

サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科
20051114200536.jpg


20051114200620.jpg

木の実 草の実 | page top↑
オケラ
2005 / 11 / 13 ( Sun )
日当たりのよい山道の脇に生えていた。
花を包む包葉の形が面白い。
地下茎は、屠蘇に入れられるなど民間薬として使用されるそうです。

オケラ キク科
20051113203832.jpg


20051113203907.jpg


20051113203949.jpg

野草 | page top↑
イヌザンショウ(犬山椒)
2005 / 11 / 12 ( Sat )
山で見つけたイヌザンショウの実です。
山椒と比べられて利用価値がないことから付いた名前とか。
しかしながら犬の名前が役に立たないというのは気の毒だわ。
サンショウは、棘が対生するのに対し、イヌザンショウは
互生することで見分けがつくそうです。
匂いもツーンとするような嫌な臭いでした。

イヌザンショウ(犬山椒) ミカン科
20051112135642.jpg


20051112135721.jpg

木の実 草の実 | page top↑
里山から
2005 / 11 / 11 ( Fri )
里山には リンドウ、マツムシソウ、ワレモコウなど
ひっそりと咲いていました。

リンドウ(竜胆) リンドウ科
一輪咲いていました。奥ゆかしい。
20051111152455.jpg


マツムシソウ(松虫草) マツムシソウ科
もうそろそろ終わりでしょうか。
精一杯咲いています。
20051111152720.jpg


ワレモコウ(吾亦紅) バラ科
花弁はなく赤紫のは萼だそうです。
20051111153024.jpg


20051111153103.jpg

野草 | page top↑
ヤマハッカ(山薄荷)
2005 / 11 / 10 ( Thu )
里山でヤマハッカを見つけました。
イヌヤマハッカによく似ていますが、イヌヤマハッカの上の
花びらには縞模様がないので区別がつきます。
ヤマハッカといってもハッカのような香りはなかった。

ヤマハッカ(山薄荷) シソ科
20051110205632.jpg


花びらに縞模様が見えるでしょ。
20051110205744.jpg


20051110205837.jpg

野草 | page top↑
シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
2005 / 11 / 07 ( Mon )
野の花を楽しみながら撮ろうと歩いていました。
何気に田圃の畦道を眺めていると白い小花が・・・
何時もは流して歩いていた所でした。
なんとシロバナサクラタデの群生ではありませんか!
今まで見逃していました。
無我夢中で撮りました。

シロバナサクラタデ(白花桜蓼) タデ科
20051107231821.jpg


20051107231901.jpg


20051107231937.jpg


日なたのシロバナサクラタデです
20051107232028.jpg


この子は淡紅色の花です。サクラタデかな?
20051107232409.jpg

野の花 | page top↑
ジュガツザクラ(十月桜)
2005 / 11 / 06 ( Sun )
里山の十月桜です。
最初見つけたときは狂い咲きかと思いました。
調べてみると十月桜でした。
青空に桜の花が映えます。

ジュウガツザクラ(十月桜) バラ科
20051106205944.jpg


20051106210026.jpg


20051106210104.jpg

花木 | page top↑
ムラサキセンブリ(紫千振)
2005 / 11 / 05 ( Sat )
憧れのムラサキセンブリです。
この野草を一目見たくてこの里山までやってきたのです。
群生こそしていませんでしたが、しっかりこの目で見て写真にも収めましたから。
やったぁ!!

ムラサキセンブリ(紫千振) リンドウ科
先ず、日陰に咲いていたムラサキセンブリです。
20051105162936.jpg


20051105163013.jpg


日なたのムラサキセンブリです。
アリが蜜を吸っているのかな・・
20051105163121.jpg


20051105163315.jpg


白いセンブリも咲いていました。
20051105163414.jpg

野草 | page top↑
ヤマラッキョウ(山辣韮)
2005 / 11 / 04 ( Fri )
きょうも里山から。
ヤマラッキョウです。
紫色の花を咲かせます。色鮮やかです。

ヤマラッキョウ(山辣韮) ユリ科
20051104223521.jpg


20051104223600.jpg


20051104223653.jpg

野草 | page top↑
コウヤボウキ(高野箒)
2005 / 11 / 03 ( Thu )
里山からの一枚です。
コウヤボウキです。
高野山で枝を束ねて箒としたのが名前の由来とのこと。
花びらの先がクルクルして蕊の部分がピンクぽくって面白い花です。

コウヤボウキ(高野箒) キク科
20051103223911.jpg


20051103224002.jpg


20051103224043.jpg


20051103224141.jpg

野草 | page top↑
エンシュウハグマ(遠州白熊)
2005 / 11 / 02 ( Wed )
憧れの野草に会いに行ってきました。
新城の里山へ。
エンシュウハグマです。
直ぐに見つかりましたが、日陰に咲いていたので
写真はイマイチ・・・
花びらがカールしていて可愛らしい。

エンシュウハグマ(遠州白熊) キク科     10/30撮影
20051102205512.jpg


20051102205554.jpg


20051102205648.jpg


20051102205726.jpg


20051102205801.jpg

野草 | page top↑
イシミカワ(石見川、石膠)
2005 / 11 / 01 ( Tue )
デジカメ散歩でイシミカワを見つけた。
電柱に絡み付いていた。
よく見るとママコノシリヌグイよりイシミカワの方が
棘が鋭いように思う。
三角の葉っぱも特徴です。
花よりブルーの実が美しい。

イシミカワ(石見川、石膠) タデ科
目立たない花です
20051101230300.jpg


青い実です。この実は萼が色を保っているそうです。
20051101230524.jpg


鋭い棘ですね。
20051101230627.jpg


真っ黒な種は、まさに石のように見えた。5mmほどの大きさでした。
20051101230900.jpg


電柱に絡み付いていました。
20051101231033.jpg

野草 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。