スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
野草
2005 / 08 / 31 ( Wed )
  道端で見つけたコニシキソウです。
 地面を這うように広がる雑草です。
 葉には茶褐色の斑があります。花は小さくてめだちません。
 茎をちぎると白い乳液がでてきます。

コノシキソウ(小錦草) トウダイグサ科
20050831114709.jpg


ニキシソウ(錦草) トウダイグサ科 
 コニシキソウと似ているが、名前の通り草丈も葉も大きい。
 葉には斑がありません。
20050831115431.jpg

スポンサーサイト
日記 | page top↑
ウコン(鬱金)
2005 / 08 / 30 ( Tue )
我が家のウコンが咲き始めました。
4年前に知人から株分けしてもらいました。
別名アキウコン、クルクマ、ターメリックとも呼ばれます。
根茎は薬用され、健康食品としてブームのようです。

ウコン(鬱金) ショウガ科   (8/28撮影)
20050830113739.jpg


20050830113846.jpg

咲くのが待ち遠しい…  (8/22撮影)
20050830114237.jpg

日記 | page top↑
オキザリス・トライアングラリス
2005 / 08 / 29 ( Mon )
デジカメ散歩から近所の花壇からです。

オキザリス・トライアングラリス カタバミ科
  三角の葉をもつ夏咲きのオキザリスです。
  日中に開花し、夕方には花を閉じます。
  日当たりが良くないと開花しません。(雨天・曇天時も花は開きません)
20050829211402.jpg

三角の葉
20050829211508.jpg

日記 | page top↑
ハゼラン(爆蘭)
2005 / 08 / 28 ( Sun )
ブログでお馴染みのハゼラン登場です。
育てているわけではありませんが、こぼれ種で咲いています。

ハゼランは昼過ぎ3時頃から夕方まで花を開くところから
三時花、三時草とも呼ばれています。

ハゼラン(爆蘭) スベリヒユ科
20050828111235.jpg

花と実
20050828111325.jpg

葉です(午前9時頃撮影)
20050828111533.jpg

日記 | page top↑
コバノセンナ
2005 / 08 / 27 ( Sat )
アンデスの乙女に似た花木です。

樹高1m前後「モクセンナ」を小さくした様な形です。
私が撮影したものは樹高50cm程度。
花弁は5枚です。

コバノセンナ マメ科
20050827172927.jpg

午前中なのに萎んだ感じで咲いています。
20050827173211.jpg

日記 | page top↑
アンデスノオトメ(アンデスの乙女)
2005 / 08 / 27 ( Sat )
私の自慢の花木です。
知人から挿し木で増やした苗木を鉢植えで譲り受けて3年目ですが
昨年地植えにしました。
北西の環境の良いとはいえない場所に。
今年は、樹木のように大きくなり(2mくらい)花の蕾が沢山ついて嬉しい!
名前が何ともメルヘンチックです。

アンデスの乙女
別名:ハナセンナ、カッシア  マメ科
20050827002756.jpg


20050827002932.jpg

日記 | page top↑
コバノランタナ(小葉ノランタナ)
2005 / 08 / 26 ( Fri )
我が家の庭に植えた覚えもないのにランタナが咲いている。
このランタナ、実は小葉のランタナであった。
匍匐性で花色が七変化しないことからです。

コバノランタナ(小葉ノランタナ) クマツヅラ科
20050826221038.jpg


20050826221214.jpg

実もついています。緑色から黒色にかわります
20050826221352.jpg


日記 | page top↑
天狗原・白馬乗鞍岳・白馬大池
2005 / 08 / 24 ( Wed )
8月11日(3日目)
栂池自然園を3時間かけて散策した。
予定より時間的に余裕があったので白馬大池まで登山する事に決めた。
宿で作ってもらったおにぎりで早目の昼食を済ませた。
11時40分頃から天狗原を目指して登山開始。
今となっては所要時間が何時間かかったか忘れてしまった。
天狗原~白馬乗鞍岳~白馬大池(白馬大池を見下ろすハイマツ帯まで)
をピストンして栂池自然園まで戻ってきたのが15時半過ぎだったので
4時間かかったわけです。
もう疲れてへとへとでした。
喘ぎながら登った先には高山植物が向かえてくれたっけ。
高山植物の名山で知られる白馬を初めて歩いてみて改めて大自然の
美しさに心を打たれました。

シロバナクモマニガナ(白花雲間苦菜) キク科
20050824230205.jpg

ミヤマコウゾリナ(深山髪剃菜) キク科
20050824230426.jpg

ヤマハハコ(山母子) キク科
20050824230542.jpg

ミヤマダイコンソウ(深山大根草) バラ科
20050824230722.jpg

ヒメクワガタ(姫鍬形) ゴマノハグサ科
20050824230929.jpg

チングルマ(稚児車) バラ科
20050824231130.jpg

アオノツガザクラ(青の栂桜) ツツジ科
20050824231322.jpg

トウヤクリンドウ(当薬竜胆) リンドウ科
高山を最後に飾る花のひとつです。
夏の終わりを告げるとか。
20050824231504.jpg

栂池高原駅
20050824231714.jpg

日記 | page top↑
栂池自然園 4
2005 / 08 / 23 ( Tue )
栂池自然園からの最終便です。

オニシオガマ(鬼塩竈) ゴマノハグサ科
20050823224724.jpg

コバイケイソウ(小梅草) ユリ科
20050823225018.jpg

ホツツジ(穂躑躅) ツツジ科
花冠は紅を差したホツツジ。
20050823225207.jpg

100円玉と対比して
20050823225317.jpg

ハクサンオミナエシ(白山女郎花) オミナエシ科
20050823225433.jpg

日記 | page top↑
栂池自然園 3
2005 / 08 / 22 ( Mon )
引き続き栂池自然園からです。

ゴゼンタチバナ(御前橘) ミズキ科
20050822201628.jpg

イブキトラノオ(伊吹虎の尾) タデ科
20050822201743.jpg

ミソガワソウ(味噌川草) シソ科
花の名前に似つかわしくない当て字ですね。
20050822202200.jpg

山の雰囲気です。黄色く見えるのはニッコウキスゲです。
20050822202352.jpg

イワイチョウ(岩銀杏) ミツガシワ科
葉は黄葉すると色も形も銀杏にそっくりとか。
私のお気に入り。
20050822202629.jpg

オヤマリンドウ(御山竜胆) リンドウ科
天候が良くても半開きくらいで平開しないとか。
20050822203139.jpg

日記 | page top↑
栂池自然園 2
2005 / 08 / 21 ( Sun )
きょうも引き続き栂池自然園からです。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花) キンポウゲ科
20050821205818.jpg

モミジカラマツ(紅葉唐松) キンポウゲ科
20050821210121.jpg

ニッコウキスゲ(日光黄菅) ユリ科
20050821210314.jpg

エゾシオガマ(蝦夷塩竈) ゴマノハグサ科
20050821210502.jpg

ハクサンフウロ(白山風露) フウロソウ科
20050821210629.jpg

シナノオトギリ(信濃弟切) オトギリソウ科
20050821210839.jpg

クルマユリ(車百合) ユリ科
20050821211012.jpg

キヌガサソウ(衣笠草) ユリ科
花が終わり実かなぁ~
20050821211441.jpg

サンカヨウ(山荷葉) メギ科
サンカヨウは、白い花弁状の花が咲くそうですが実は紫色でした。
20050821212139.jpg

日記 | page top↑
栂池自然園 1
2005 / 08 / 20 ( Sat )
8月11日(3日目)晴れ
予定通り栂池自然園へ。
栂池高原駅からゴンドラリフト「イブ」と栂池ロープウェイを乗り継いで栂池自然園まで空中散歩が楽しめる。
湿原を巡る1周5.5km、約3時間の遊歩道で散策ができた。
遊歩道がかなり整備され、木道に沿って両側共緑色のロープが張ってあった。
ゴミが落ちていなかった事に日本人もマナーが守られてきたかなと思う。
久々に大自然の美しさに感動した。

ミヤマトリカブト(深山鳥兜) キンポウゲ科
20050820230433.jpg

オタカラコウ(雄宝香) キク科
20050820230602.jpg

イワショウブ(岩菖蒲) ユリ科
20050820230720.jpg

イワショウブと蜂 頭隠して・・・
20050820230842.jpg

ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲) アヤメ科
20050820231039.jpg

ワタスゲ(綿菅) カヤツリグサ科
20050820231146.jpg

タテヤマリンドウ(立山竜胆) リンドウ科
ハルリンドウの高山型
20050820231353.jpg

バイケイソウ(梅草) ユリ科
緑色の梅の花です
20050820231802.jpg

日記 | page top↑
八方尾根
2005 / 08 / 19 ( Fri )
8月10日(2日目)
早朝から雨が降っていたので栂池自然園は諦め
糸魚川を目指してドライブすることにした。
10時頃には雨もあがり晴れてきた。
日本海岸沿いに「親不知」まで行ってみようということになった。
初めて駿河湾から日本海へ縦断した。
毎度、昼食はどこで食べようかとすったもんだの末、あてもなく見つけ飛び込んだところが小谷(おたり)名産館だった。
そこの信州蕎麦はコシが強く歯応えがあって予想以上のものだった。
腹ごしらえの後は唐突に八方尾根へ行くことになった。
八方尾根ゴンドラリフト「アダム」~アルペンクワッドリフトを乗り継ぎグラートクワッドリフトで上った所が標高1830mの第一ケルンだ。
1時間足らずの余裕しかなかったものの高山植物や景色を堪能した。

タテヤマウツボグサ(立山靫草) シソ科
20050819145124.jpg

ノリウツギ(糊空木) ユキノシタ科
20050819145231.jpg

キンコウカ(金光花) ユリ科
20050819145400.jpg

タカネマツムシソウ(高嶺松虫草) マツムシソウ科
マツムシソウの高山型
20050819145541.jpg

ハクサンシャジン(白山沙參) キキョウ科
ツリガネニンジンの高山型
20050819150008.jpg

ハクサンシャジンがこんなふうに咲いていました
20050819150207.jpg

ゴンドラリフト「アダム」から。
20050819150450.jpg

日記 | page top↑
風船葛
2005 / 08 / 18 ( Thu )
風船葛に始まり風船葛に終わったきょう1日だった。
ブログのなかで風船葛が俄かに盛り上がっていたので私も撮りたくなった。
近所のスーパーの駐車場のフェンスに風船葛を見つけていたので買い物ついでに撮ってきた。
風が強くピントが合わないし背景もよくないので夕方他を探す事にした。
ウォーキングコースに四季折々の花を咲かせて目を楽しませてくれる花壇がある。
その持ち主であるご夫婦とたまたま知り合いになり、私はこちらで写真を撮らせてもらっている。
なんとそこに風船葛があったのだが、奥さんが「そばの空き地に沢山自生しているから」と言うのです。
まぁ~、ホントに風船葛が好き勝手に咲いていました。
他の草花も咲いていて良い被写体を見っけ・・・
おまけに種ももらい苗まで採ってくれたんですよ。(嬉しすぎ!)
家に持ち帰り早速プランターに植えた。
さぁ~来年が楽しみです。

初めに撮ったスーパーのフェンスの風船葛。
20050818213754.jpg

空き地に自生していた風船葛。
20050818213927.jpg

マクロで撮りました。
20050818214049.jpg

風船葛の種です。
20050818214259.jpg

種をマクロで
20050818214407.jpg

苗をプランターに植えました。
20050818214535.jpg

未分類 | page top↑
安曇野 4
2005 / 08 / 18 ( Thu )
国営アルプスあずみの公園からの最終便です。
国家公務員の方々が公園の管理をされているんでしょうね。
植物も手入れが行き届いていましたから。

ミヤマウイキョウ(深山茴香) セリ科
人参の葉のように細かく切れ込んでいるのが特徴です。
20050818132323.jpg

ミソハギ(禊萩) ミソハギ科
20050818132722.jpg

ウスゲヤナギラン(薄毛柳蘭) アカバナ科
20050818132908.jpg

ハンゲショウ(半夏生) ドクダミ科
20050818133118.jpg

駐車場へ行くと車にトンボが・・・
20050818133319.jpg

宿に向かうには早すぎるので「安曇野ちひろ美術館」へ寄ることにしました。
淡い色彩の子どもの絵で知られる、絵本画家いわさきちひろの美術館。
優しい気持ちになれますね。行ってよかった。
美術館の周辺は松川村営の公園が広がり、復元されたちひろの山荘や色とりどりの花が咲く大花壇があります。
その一枚です。
20050818134356.jpg

日記 | page top↑
安曇野 3
2005 / 08 / 17 ( Wed )
国営アルプスあずみの公園からです。

カワラナデシコ(河原撫子) ナデシコ科 秋の七草のひとつです。
20050817105520.jpg

ヤブカンゾウ(藪萱草) ユリ科
20050817105835.jpg

キンミズヒキ(金水引) バラ科
20050817105955.jpg

ツリガネニンジン(釣り鐘人参) キキョウ科
20050817110222.jpg

ヤマルリトラノオ(山瑠璃虎の尾) ゴマノハグサ科
20050817110353.jpg

ハクサンフウロ(白山風露) フウロソウ科 5弁花のはずが6弁花です!?
20050817110658.jpg

日記 | page top↑
安曇野 2
2005 / 08 / 16 ( Tue )
きょうも国営アルプスあずみの公園からです。
この日警備員が目立ち国営だからなんて思っていたのですが。(そんな事ないか)
実は早朝、熊が出たらしい・・・。
こんな里まで熊が下りてくるんでしょうか。
最近よく熊が出たなどと耳にしますけど。

ヨツバヒヨドリ(四葉鵯) キク科
20050816001941.jpg

オミナエシ(女郎花) オミナエシ科
20050816002059.jpg

シモツケソウ(下野草) バラ科
20050816002218.jpg

ヤマブキ(山吹) バラ科  一輪だけ咲いていました
20050816002337.jpg

ヤブラン(藪蘭) ユリ科
20050816002456.jpg

ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科
20050816002636.jpg

日記 | page top↑
安曇野 1
2005 / 08 / 15 ( Mon )
8月9日(晴れ)
富士を9時半過ぎに出る。
松本に向かって快適なドライブです。
昼食はどこでとろうかということになり緑のある所を探して行き着いた所が
「国営アルプスあずみの公園」だった。
入園料が400円もするのでどうしようかと・・・。
ここまで来て入園料をケチるのもと意見が一致。
昨年7月24日に開園されたそうで園内はきれいだった。
さすが国営というだけあって施設は充実していた。
こちらで昼食を済ませ園内を散策した。
でも安曇野に来て芝生の公園や造られた池を見たいとは思いませんね。
折角ですから花々を撮ってきました。

オカトラノオ(丘虎尾) サクラソウ科
20050814235553.jpg

ヤマハギ(山萩) マメ科
20050814235711.jpg

キツネノカミソリ(狐の剃刀) ヒガンバナ科
20050814235903.jpg

ヒメスイバ(姫酔葉) タデ科
20050815000030.jpg

虫と花 花の名前を調査中です、虫も分かりませんが。
花の名前が分かりました。
チャボタイゲキ(矮鶏大戟) トウダイグサ科 
20050815000300.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 13 ( Sat )
道端で咲いていたタカサゴユリです。
花の形だけ見るとテッポウユリに似ているが葉が細ところが違う。
とはいうもののテッポウユリとタカサゴユリの自然雑種のシンテッポウユリというのもあるそうです。
この花はシンテッポウユリなのかも知れませんが・・・。

タカサゴユリ(高砂百合) ユリ科
別名:タイワンユリ(台湾百合) ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)
20050813233335.jpg


20050813233418.jpg

日記 | page top↑
白馬大池・天狗原
2005 / 08 / 13 ( Sat )
8月9日~11日、信州白馬山麓を訪れました。
以前から行ってみたかった地です。
栂池自然園から登り始めて天狗原~白馬大池から8月11日の撮影です。
天狗原で見つけたナナカマドです。
ナナカマド(七竈) バラ科
20050813144443.jpg

白馬乗鞍岳(2437m)の途上で見つけたイワカガミです。
足場が悪く緊張して撮りました。
イワカガミ(岩鏡) イワウメ科
20050813145314.jpg

白馬乗鞍岳山頂を越えると急にガスが晴れて白馬大池が見えた。
山頂付近に池を見るのは初めてです。
神秘的な雰囲気を感じた。
20050813151419.jpg

白馬大池側から見える山は小蓮華岳(2769m)でしょうか。
20050813151804.jpg

日記 | page top↑
須津川渓谷
2005 / 08 / 09 ( Tue )
須津川渓谷からです。
渓流沿いに咲いていました。

ダイコンソウ(大根草) バラ科
山野に自生する多年草。
名前と合っていない感じがします・・
20050809085729.jpg

お知らせ:3日間夏休みをとりまして長野方面へ行ってきます。
     ブログをお休みしますので宜しくお願いします。
日記 | page top↑
須津川渓谷
2005 / 08 / 08 ( Mon )
富士市の須津川渓谷からです。
渓流沿いで見つけた、タマアジサイです。

タマアジサイ(玉紫陽花) ユキノシタ科
丸い玉状の蕾の中に花のすべてが入っていることから名付けられたそうです。
開くとガクアジサイと似ています。
紫陽花より遅れて咲きはじめるようです。
20050808102516.jpg

奥に見える玉が割れて花が咲くようです。

20050808102658.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 07 ( Sun )
休耕田からの最後の野草です。
アメリカタカサブロウではないかと思われます。
違っていましたら教えてください。

アメリカタカサブロウ(アメリカ高三郎) キク科
葉の幅8~18mm、鋸葉。
草丈60~100cm
20050807141525.jpg

全体の画像です。

20050807141621.jpg

余談ですが、ここの休耕田は9月から宅地とするために造成工事が始まるとつい最近耳にしました。悲しい・・
日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 06 ( Sat )
最近、どこからか風向きによって鼻をつく嫌な臭いがしていた。
回覧板を通りを隔てた袋小路のお宅まで持って行った。
匂いのもとが判明!
隣の月桂樹に繁茂していた蔓植物。
なんだろう、これは・・・
一見すると山芋かなと。
調べた結果、オニドコロでした。
ヒゲ根を野の老人に見立て「野老」トコロと読ませ葉が大きいので
オニドコロ(鬼野老)となったそうです。
雌雄異株でひとつひとつは小さくてとても地味な花です。(3mmです)
ちっとも怪しくない?・・・

オニドコロ(鬼野老)雄花 ヤマノイモ科


20050806154243.jpg


20050806154326.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 05 ( Fri )
きょうも野草ですが、スベリヒユ科繋がりで
スベリヒユとヒメマツバボタンです。

スベリヒユ スベリヒユ科
肉厚の葉が暑苦しい感じ・・
晴れた日の9時頃咲いて直ぐ閉じてしまいます。
オッと、ぎりぎりセーフでした。
小さい花が続きます。
20050805094113.jpg


ヒメマツバボタン(姫松葉牡丹) スベリヒユ科
道端で見つけました。
多肉性で地を這っています。
直径1?ほどの紅紫色の花が咲きます。
たくましいですね。


20050805094556.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 04 ( Thu )
きょうも引き続いて休耕田からです。
トキワハゼです。
1?ほどの小さな花だが、花が春から秋まで長い期間咲いているので
トキワ(常盤)という名前がついたそうです。

トキワハゼ(常盤はぜ) ゴマノハグサ科
20050804175027.jpg


20050804175105.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 03 ( Wed )
この花も休耕田から。
アゼナです。
花は葉腋から1個ずつつき淡い紅紫色の小さな唇形花をつける。

アゼナ(畔菜) ゴマノハグサ科
20050803205459.jpg


20050803205647.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 03 ( Wed )
昨日に引き続いて休耕田から。
ホソバヒメミソハギです。
細長い葉を対生させ、葉腋に小さな赤紫色の花を咲かせている。
やはり5mmくらいの小さな花です。

ホソバヒメミソハギ(細葉姫禊萩) ミソハギ科
20050803154106.jpg


20050803154207.jpg

日記 | page top↑
野草
2005 / 08 / 02 ( Tue )
デジカメ散歩から。
休耕田に野草を見つけました。
雑草と呼ばれる植物ですが今の私には雑草ではなく野草です。

カワヂシャです。
水田雑草としては優秀な種で、希少植物の一つだそうです。
白色の小さな花弁に淡い紫の縞が入ります。
葉っぱは鋸葉で若葉は食べられるそうです。

カワヂシャ ゴマノハグサ科

20050802114052.jpg


20050802114135.jpg


20050802114308.jpg

同じような写真でピントも合っていませんが参考までに見てください。
日記 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。